フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年11月11日 (水)

厚生労働省が昨年11月に行った国民健康・栄養調査によると、最近1カ月間にストレスを感じたことがあると回答した人の割合が、男性で57.9%、女性で64.1%に上りました。これは2003年と06年の調査時とほぼ同様の高い水準で、同省の見解では「世界同時不況の影響が出る前の数字であり、現在はさらに悪化している可能性がある」と、発表しています。尚、男性ではストレスが「大いにある」が15%、「多少ある」が42.9%。女性はそれぞれ16.9%、47.2%でしたが、やはり女性は男性の気が付かないところで苦労をしているのか?一方、ストレスが大いにあるとした割合は、男性が20~40代、女性が20~50代で約20%と特に高く、睡眠時間は6時間以上の7時間未満が男女ともに約35%と最多で、5時間以上の6時間未満が男性22.1%、女性25.6%、5時間未満が男性5.1%、女性6.2%のようですが、睡眠による休養が取れていないと回答した人は、男性18.4%、女性19.6%もいるのには驚きです。格差社会がストレスの原因か?話は変わり、 韓国の聯合ニュースは昨日、朝鮮半島西部の黄海で10日午前に発生した、韓国軍艦艇と北朝鮮の警備艇による銃撃戦について、韓国軍関係者の話として北朝鮮側に死者1人、負傷者3人の被害が出たと伝えました。一方、朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部は、韓国側に謝罪を求める報道文を発表しましたが、どうやら銃撃戦は、北朝鮮が意図的に韓国側に侵入し射撃したとの見方が強まっており、オバマ米大統領のアジア歴訪を控え、米朝直接対話も近く行われる見通しとなる中、北朝鮮には米国を揺さぶる目的もありそうだとの観測であるが、これからどうなるのやら拡保有の北朝鮮という存在は、わが国にとっても不気味で、頭の痛い存在である。追伸: イラク復興支援の「ヒゲの隊長」として知られる自民党の佐藤正久参院議員が昨日の参院予算委員会で、岡田外相が9月のテレビ朝日の番組でアフガニスタン支援に絡み「若葉マークのついた自衛隊」と発言したことについて、佐藤氏は「どれだけの隊員が傷ついたか」とせまり、撤回を求めたが、岡田氏は「表現の問題だ。普通の軍隊と違い武器の制約がある」と反論し、発言を撤回しなかったようですが、自分の言葉に責任を持つのも政治家の資質だが、発言を撤回するのも政治家の資質。

« | トップページ | »